〈〈 あとがき 〉〉


著者です。

本作は喉が腫れて、熱があがり、頓服を飲んでフラフラな状態で書きました。

しかし、面白いことに筆が進むのです。

スイスイと書きましたが、純愛の筈だったのに、偏愛になってしまいました。

やはり、私に恋愛小説は無理なのでしょうか?

そんな苦悶の仕上がりです。


ちょっとアラが目立ちますね。

熟成させましょう。


最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。


花井敬市
 
 
 

この作品のキーワード
生徒  学校  先生  女子  強姦  純愛  おっぱい  恋愛  オッパイ  愛憎 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。