★★★★☆
黒い蕾
ケータイ小説の王道ネタを使いながらも、一般的ケータイ小説からは一線を画してます。

レイプ、教師と生徒、片思い……

さまざまな要素とさまざまな想いが絡み合って起こる、悲しくも妖しい魅力のある作品。

終わり方もとても綺麗で、なんともいえない余韻が残ります。

評価を下げてしまい、すみません。

全体的な雰囲気がレトロなもので(多分単語や登場人物の言葉遣い)、この作品で出てくる"現代の学校特有の事象・問題"と組み合わされることに違和感を覚えたのです。

とはいえ、綺麗な日本語ですからとてもためになります。
メガネ
08/07/28 20:51

>>新着レビュー一覧へ