★★★★★
悲恋
小説の独特な雰囲気に、圧倒されながら、ページをめくる手が止まりませんでした。
悲しい恋、悲しい結末。
読んだ後も余韻が残ります。
彩音りん
08/08/08 09:21

>>新着レビュー一覧へ