どんな時も
優しい風が
二人を包んでいた