今度、エントランスには誰も来なかったので、彼の部屋番号を押した。
すると、スピーカーからは何も言わずにドアが開いたので、私はサッと入って、そのままエレベーターに乗った。

誰にも遮られることなく、彼が住む403号室へ着くと、チャイム1回ですぐドアが開いた。
「この人、ドアの前で待機してたの?」って思うくらい、素早く。


この作品のキーワード
職場恋愛  ロマンチック  思い出  ドキドキ  ときめき  アツい男  冷めた女  対極だけど  似た者同士 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。