「刑事って哀しい職業よね」

その瞳はどこを見つめているのか分からない。

闇を映しているような哀しい瞳。

「疑うことが仕事だもの。人を疑って見つける正義って、本当の正義じゃないわよね。きっと……」

「ごめんね。こんな話して」と綾華は自嘲気味に笑って、詩音の横を通りすぎていった。

もしかしたら、綾華にも悲しい過去があるのかもしれない。

その後ろ姿を見つめながら、詩音はふとそう思った――。

この作品のキーワード
推理  探偵  友達  喫茶店  意地悪  紳士  ミステリー  謎解き 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。