部屋を出ると、取調室から葵が出てきた。

葵は詩音を見るなり、瞳を潤ませて抱きついてきた。

「詩音!!終わったよー!」

「お疲れさま。葵」

葵の背中を撫でると、叶亜と阿部がやってくる。

「君、悪いが先に帰っててくれ」

「えっ?あなたと阿部さんは?」

「ちょっと調べたいことがあってな」

阿部が頬をポリポリかきながら答えた。

「調べたいことって、事件のことですよね?だったら、私もっ……」

「彼女を一人で帰らす気か?」

叶亜が泣いている葵を指差した。

たしかに、葵を一人にはできない。

詩音は力強くうなずくと、葵とともに警察署を出た。

この作品のキーワード
推理  探偵  友達  喫茶店  意地悪  紳士  ミステリー  謎解き 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。