翌日。

詩音が大学に行くと、愛月が慌てた様子でやってきた。

「詩音!大変なの!こっち来て!」

愛月に連れられてやってきたのは、大学内にあるサークルの部室が並ぶC棟。

詩音たちの所属しているスキー部の部室の前に、たくさんの生徒が集まっている。

生徒をかき分けて部室に入ると、部室の中にあるホワイトボードにこう書かれていた。

『遠山葵は親友である須藤舞を殺し、恋人の山崎光と浮気していた』

「……何これ」

「大学生徒みんなに一斉送信されてるメールの内容と同じよ。……ほら」

愛月が携帯画面をかかげてみせた。

ホワイトボードに書いてあるのと全く同じ文面で、メールが送られている。

この作品のキーワード
推理  探偵  友達  喫茶店  意地悪  紳士  ミステリー  謎解き 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。