「またまたぶっ細工な面(つら)でご飯を食べてるもんだなー。しかもうどん。女子大生の色気もない……」

そう嫌みたらしく、詩音の前に現れたのは車いす姿の叶亜。

「いいでしょ!うどん好きなんだから。第一、なんでこんなところにあなたがいるんですか!?」

詩音がうどんを食べながら聞いた。

叶亜は詩音より年上だろうし、大学にいるのは明らかにおかしい。

叶亜が詩音の向かいの席に座る。

「僕は顔が広いからな。現にこの大学の教授の猫探しにも付き合った」

「猫探し……。ということは、あの猫田教授の?」

「なんだ。知ってるのか」

知ってるも何も、この大学で猫田教授の事を知らない人はいないと思う。


この作品のキーワード
推理  探偵  友達  喫茶店  意地悪  紳士  ミステリー  謎解き 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。