詩音が説明すると、葵が「なーんだ」とつまらなさそうに呟いた。

「じゃあもう行くね。お疲れさま」

「うんっ!二人ともお疲れー」

葵が大きく手を振る。

舞と二人きりになると、葵はさっさと大学を出て行ってしまう。

「葵っ……。まって……」

「うるさい!付いてこないでよ!!」

葵は舞をにらんでから、再び歩き始めた。

この作品のキーワード
推理  探偵  友達  喫茶店  意地悪  紳士  ミステリー  謎解き 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。