陽は完全におち、月が夜空を不気味に照らしてる。

黒い雲が何度も月を隠しては、ゆっくり流れていく。

阿部雄三(あべゆうぞう)は、商店街の近くの駐車場に乱暴に車を停めると、ズカズカと靴音を鳴らしながら商店街を向かって歩いていた。

時刻は夜の22時だ。
商店街の店はシャッターが閉まり、どの店も開いていない。

こんなのはいたって普通だ。

だが、俺はひとつだけ夜でも開いている店を知ってる。

阿部はひとつの店の前で足をとめた。

この作品のキーワード
推理  探偵  友達  喫茶店  意地悪  紳士  ミステリー  謎解き 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。