「ほおほお。照れ隠しですか。可愛いところあんじゃねえか」

「気持ち悪い目で僕を見ないでください。吐き気します。冗談は顔だけにしてくださいね」

この、生意気!!

阿部が言い返す言葉を無くして、歯をギリギリ言わせてると、叶亜が勝ち誇ったような笑みを浮かべた。

その笑みが腹立つんだよ!!

「一発ぶん殴るぞ」

「傷害罪、そして、あなたがここにいるだけで、営業妨害ですよ」

「なんでだよ!!」

新しく配属されたあの、綾華とかいう女といい、お前といい……。

「俺も救いが欲しいよ。なんで、周りはこんな腐った野郎ばっかなんだ……」

「結婚すれば済む話ですよ?阿部さん、まだ独身でしたよね?」

「……」

それを言うなよ。

この作品のキーワード
推理  探偵  友達  喫茶店  意地悪  紳士  ミステリー  謎解き 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。