「阿部さん」

叶亜が玄関のところで、阿部を呼んだ。

「あ?どうした?」

「殺害現場に入っても大丈夫ですか?こいつも」

叶亜が詩音を指差した。

「……別に構わねえが。詩音ちゃん、大丈夫か?そのまんま残してあるけど……」

たしかに、殺害現場なんて生々しくて大丈夫なんて言うと嘘になる。

でも、何か手がかりがつかめるかもしれない。

「はい。大丈夫です」

詩音は力強くうなずき、家の中へ入った。

この作品のキーワード
推理  探偵  友達  喫茶店  意地悪  紳士  ミステリー  謎解き 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。