阿部が遺体の後頭部を指差す。

「鑑識から聞いたんだが、遺体の後頭部、2回何かにぶつかった傷があったんだよ。死因はおそらく……頭蓋骨骨折だな」

「2回……?葵が舞を突き飛ばしたのは1回だけ。おかしくないですか?」

葵が舞を突き飛ばし、舞が棚に頭をぶつけて動かなくなって、怖くなって葵は気を失ってしまった。

葵からはそう聞いている。

だが、阿部の話だと辻褄が合わない。

なぜ、2回も後頭部に傷があるのか?

「俺もおかしいと思ったんだ。あの葵って子が気を失ったあとに、ここに誰か来たのか?」

「何のために?」

叶亜に言われると、なぜだか責められたような感覚に陥る。

阿部は「さぁ……」と髪をかいた。

この作品のキーワード
推理  探偵  友達  喫茶店  意地悪  紳士  ミステリー  謎解き 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。