同棲してる訳じゃ無い。

同棲したいと思ってる訳でも無い。


だけど結局私は優しさが欲しくて、
温もりが欲しくて、甘えたくて、
彼と居るのは一人よりずっと楽で、


「こっちおいで、亜紀」


その言葉に引き寄せられるように
近づいていった私は今、

彼の家にほぼ住み込んでたりする状況で。


でもそれなのに帰る所は捨てられない私。
だからこの現状に満足している私。


そんな私が転がり込んでる生活を、

人は半同棲と呼ぶらしい。



…でも、その先に何があるんだろう。



ーーー


2015.05.01.Fri "完結"


この作品のキーワード
恋愛  依存  同棲  仕事  悩み   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。