「好きだったよ、お前のこと」


それは本音?……それともウソ?


高校時代、ずっと大好きだった先生。


だけど淡い恋心を抱くことしかできずにいた。
だって先生の薬指には、指輪がはめられていたから……。



「なに?あの指輪、信じちゃっていたの?」

そう言って先生は笑って誤魔化す。


大人になって再会しても、先生はやっぱり先生だった。

先生は
昔閉じ込めた淡い恋心を簡単に思い出させてくる。


ウソか本音か。
いつも分からない。


ねぇ、先生……?
今の先生の言葉は、ウソ?
それとも本音……?

この作品のキーワード
初恋  オフィスラブ  先生  歳の差  過去  再会  じれじれ  男目線  片思い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。