最後に会ったのは
君が
俺に
別れを告げた時だった。

それまで
二人でいろんな事をして
笑ったり
怒ったり
悔しそうにしたり


…幸せそうに、頬を赤く、染めたり。

たくさんの君の表情を、
俺は見てきたはずなのに。

最後に残っている君の顔は
泣いてる顔だった。

この作品のキーワード
年齢差  年上  男目線  社内恋愛  失恋  切ない  泣ける  高校生  甘い  憧れの恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。