久々に昼休みをきちんと取れた。

ここら辺、忙しくて休みもそうで無い時も関係なく駆けずり回っていたから。

あるいは、そう、自分が仕向けただけかもしれないけど。

…暇な時間なんて欲しくなかった。

そんな時間を与えられたら、余計な事をもんもんと考えてしまいそうで。

そんな暇、あるわけ無いのに。

あったとしても、無駄なのに。

この作品のキーワード
年齢差  年上  男目線  社内恋愛  失恋  切ない  泣ける  高校生  甘い  憧れの恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。