「くっそ、飲み過ぎた」


終業式が終わって、この数日は事務処理に追われた。
でも今日なんとか仕事納めになった。


社会人になってからの時間は早すぎて、
明後日から新年なんて信じられない。


仕事納めだからと、忘年会と称して飲み会があった。


学校関係での飲み会なんて愛想笑いしているだけで疲れる。

酒なんて飲ませてくれなくていいから、帰らせてくれと言いたくなる。

俺はこんな時間を過ごすなら早く帰って愛犬に癒されたい。


だけど、校長も副校長も参加するから絶対参加らしい。

何しに学校に来てるか分かんないぐらいケバい事務員の女にそう言われた。


居酒屋に着いて座るなりその女が隣に来たときは勘弁してくれと思った。

俺は今、そんな気分じゃない。



自分に好意を寄せている女なんて、顔を見ればすぐ分かる。

隣の事務員、それから前に座った養護教諭。


草食男子なんてヤツが増えてきてるらしいけど、俺は違うと思う。

肉食女子が増えてっているに違いない。



しつこい質問に、関係ねーだろって言いたくなるのを我慢して、
「プライベートな事なので」と万人受けする笑顔付きで答える俺を褒めて欲しい。



まだお開きにならないのかと、イライラして気づいたら思ったよりも飲んでいたらしい。


帰ったら久しぶりに愛犬を散歩に連れて行ってやんなきゃなんねーのに。



思わず小さく舌打ちをした。






この作品のキーワード
幼なじみ  片思い  切ない  年上  女好き  ドキドキ  結婚  妊娠  社会人  恋人