『三上先生、遅番来たので上がって下さい』


「分かりました!」


系列園に転園してきて、2ヶ月が経った。

慣れない地での生活って本当に大変なんだなって思う。

職場もそうだけど、一人暮らしも。


疲れ果てて帰っても、お母さんの晩御飯が食べられない。

休みの日は自分で料理していたけど、毎日ってなるとすごく大変だ。


先月なんかは特にすごかった。

慣れない職場で気を張りすぎて、ぐったり帰ってきて家事をして。

もう毎日があっという間で洗濯なんかは溜め込んで土日に片付けていたくらいだ。


2か月目になると先月よりは少し落ち着けた。

一応、料理は簡単なものだけど毎日作るようにしてる。

洗濯は夜することを覚えたし、掃除機は早番で帰ったときだけ掛けるようにして、あとは専らお掃除シートに頼りっぱなしだ。



実家で暮らしていた時よりやっぱり大変だし、時々寂しくなるけど、すごく充実している。



異動する事も、一人暮らしもすごく悩んだ。
だけどあの時、決断して良かったなって思えるようになった。



だから、ホームシックになってないで、もっと頑張ろうかと思う。






この作品のキーワード
幼なじみ  片思い  切ない  年上  女好き  ドキドキ  結婚  妊娠  社会人  恋人