★★★★★
その美しい手に、幸せのリングが嵌められる
秘密の社内恋愛をする彩乃と亮介。
無口な亮介は仕事が忙しく、lineも電話も素っ気ない。
でも、二人きりの時間には、情熱的に抱きしめてくれる。

とはいっても、彩乃が欲しいのは、彼の言葉。
会っていると噂の相手は誰?
女子社員たちの差し入れをどうしてるの?
私のことを好きなの?
結婚、考えてくれてないの?


もどかしさと嬉しさとの間を行ったり来たりしながら、彩乃が幸せに近付いていく。
温かい気持ちになれる作品でした。
氷川マサト
15/07/19 03:34

>>新着レビュー一覧へ