────愛しい君に、永遠に会えない。






この作品のキーワード
  悲恋  永遠