ふとおしゃれな星座表にも見える青地の壁掛け時計を見れば、もう夜の十一時。

「もうこんな時間?お風呂に入ってメンドーな事は忘れよう」

何時間こんなくだらないこと考えてるんだ。

思い悩むなんて私らしくない。

なんか今日は結婚式の日よりもぐったり疲れた。

疲れた身体を引きずるように浴室に行き服を脱ぐと、刹那さんがくれたバスボムを一つ選んで湯船にポンと放る。

シュワシュワっと泡が弾ける音がして、お湯が紺に近いパープルに変わった。

モコモコした泡とパープルのお湯が混ざってまるで銀河みたい。

「綺麗~」

暗かった気分がちょっとうきうきする。

色がパープルだからか、ラベンダーのいい香りがした。

リラックス効果があるせいか、ボーッと浸かってるうちに段々眠くなる。

仰向きになって浴槽のへりに頭を預けると、いつの間にか眠りに落ちる。

この作品のキーワード
御曹司  社長  イケメン  結婚  メガネ男子  クール  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。