グウー、ギュルルー。

これでもかっていうくらい大きなお腹の音で目が覚める。

「……お腹空いた」

パッと目を開けると、今日もまた何故か目の前に刹那さんの顔があった。

思わず目が点になるが、今日は叫ばずに冷静になるよう頭の中で自分に言い聞かせる。

落ち着け、桜子。落ち着け、桜子。落ち着け……。

目の前にある刹那さんの顔。

昨日よりも確実に密着しているお互いの身体。しかも腕枕されてて……足が絡んで……。

明らかに状況は昨日よりも悪化している。

私はハッとして自分の着衣を確認した。

「まさか?」

はだけてはいるが、バスローブは着ている。

良かった。

ちょっと安堵する。刹那さんもパジャマを着ているし……奈々子が言うような一線は越えていないと思う。……多分。

この作品のキーワード
御曹司  社長  イケメン  結婚  メガネ男子  クール  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。