「でも……」

何か違和感を感じて刹那さんの腕の中から抜け出し、はだけたバスローブを直すが、驚いた事に下着を着けていなかった。

「……何で?」

まさか……また寝ぼけて……今度は色仕掛けで刹那さんを襲ったとか?

ストリップみたいなことして?

……この私が?

ない、ない!絶対にない?

私はブンブンと頭を振る。

そんな大人の女の高等テクニック、私にはない。

だったら、何でこうなった?

……昨日は確かご飯の後にお風呂に入って……夢を見てたらお風呂の中で溺れそうになって……そしたら刹那さんが入ってきて……。

そして、彼は……裸の私を抱き上げた。

は……だ……か?

「う……そ……」

昨日は死にかけて苦しかったからそれどころじゃなかったけど……大変な事に今気づいた。気づかなかった方が幸せだったかもしれない。

この作品のキーワード
御曹司  社長  イケメン  結婚  メガネ男子  クール  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。