式の流れを思い出す前に、鷹司さんが左手で私の腰をつかみ、私の顎に手を添える。

肝心な事をすっかり忘れてた。キスする振りだけだよね?

ちょっと怯えながら逃げ腰で鷹司さんを見ていると、かすかに彼の唇が弧を描いた。

次の瞬間、彼の顔が近づいて私の唇に触れる。

柔らかいその感触。

フワッと甘い香りが漂う。

……う…そ……。

本当にするなんて。

私は驚きで目を見開いたまま、鷹司さんを見つめる。

彼は私と目が合うとフッと微笑した。面白がってるようなその表情。

この冷血メガネ男、何考えてるの?

姉が逃げたから、その腹いせに私を苛めて楽しんでるんだろうか。

プライドが高そうだし、姉の逃亡は彼にとって屈辱だったはずだ。

でも……何かが引っかかる。

彼の……この余裕な顔と今のキス。

梅園桜子、二十四歳。彼氏いない歴=実年齢。

人生初のファーストキスは、かすかに甘い桃の匂いがした。

この作品のキーワード
御曹司  社長  イケメン  結婚  メガネ男子  クール  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。