式と披露宴が終わり控え室に戻ってオレンジのカットソーとジーンズに着替えを済ませると、ぎゅるるっとお腹が鳴った。

「お腹……空いた」

作り笑いをするのが精一杯で、披露宴の間も全然食べられなかったな。

どっかの偉い人のお経のような挨拶が延々と続くし、何度も睡魔と戦った。

眠らなかったのは、隣にいた鷹司さんがギロッと私を睨んでいたからだ。

私が本当に結婚する時はあんな無駄な披露宴なんて絶対にしない。出席者の顔ぶれも、料理も豪華だったけど、ただただ退屈だった。

私が姉の薫子でないことがわかっていても、鷹司の名前を恐れてか誰一人として突っ込むものはいなかったし……。

薫子だろうが桜子だろうが……梅園家の人間であればいいという事なんだろうか?

家同士の結婚。

この作品のキーワード
御曹司  社長  イケメン  結婚  メガネ男子  クール  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。