「桜子ちゃん、ごめんね。まさか雪乃ちゃんがあんな行動に出るとは思わなくて」

右京さんが申し訳なさそうに謝る。

今日は月曜日。

昨夜は雪乃さんの突然の来訪のお陰で、私はほとんど寝ていない。

彼女の出現で自分の気持ちに気づいてしまった。

私は……雪乃さんに嫉妬している。そして、お姉ちゃんにも嫉妬している。

頭の中はごちゃごちゃだ。

大好きなロマンス小説だって解禁にしたのに、本を読んでも全然頭に入ってこない。

すぐに刹那さんの事……今後の事を考えてしまう。

三週間後、私はどこにいるのだろう。

実家?それとも、刹那さんの家?

今は宙ぶらりんの状態の私。

私の運命はお姉ちゃん次第だ。

刹那さんが定めた期限内にお姉ちゃんが現れるか、現れないか。

この作品のキーワード
御曹司  社長  イケメン  結婚  メガネ男子  クール  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。