鷹司さんが口角を上げ、悪魔のように微笑む。

その時、彼のメガネの奥の目がキラリと光った。

ゾクリ……。

背筋が寒くなり、全身総毛立つ。

私はとんでもない人に捕まってしまったのかもしれない。

すごーく嫌な予感がした。

この作品のキーワード
御曹司  社長  イケメン  結婚  メガネ男子  クール  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。