だが、次の瞬間、薔薇の彫刻が素敵な白いドレッサーの鏡を見て私と母は言葉を失った。

鏡に真っ赤なルージュで書き置きがしてあったのだ。

【やっぱりやめる。あんな男イヤよ!】

何かの間違いであることを願って何度も何度も読み返す。

でも、何度も見ても同じわけで……。

……やめるって結婚?

……あんな男は……新郎だよね。やっぱり……。

あはは……。乾いた笑いが口から出る。

お姉ちゃん、違う意味でびっくりさせてどうすんのよ!

我が儘にも程があるよ。何考えてるの~!

どうするの?どうするの?

花嫁なしの結婚式なんてあり得ない。

頭の中はパニックだ。

式まであと三十分しかないのよ。

母はあんぐりと大きく口を開けたまま放心状態。お嬢様育ちでおっとりしていて脳内はいつもお花畑のような母は、こういう時全く役に立たない。