「ギャー‼」

そうだよ、メガネかけてないからすぐに気づかなかったけど、刹那さんじゃない?

でも、でも、……昨日は私……ソファーで本読んでたんだよ。

何でまた昨日のベッドにいるのよ~‼

「煩い。朝から大声を出すな」

……その冷たい声は、やっぱり刹那さん。

前言撤回。

彼は王子じゃなくて悪魔だ。

彼は額に手を当てながら目を開けるが、その顔はすこぶる不機嫌だった。

ギロッと私を睨むと、ベッドサイドの上に置いてあったスマホに触れ、アラームを解除する。

「何で私……ここで寝てるんですか?」

相手はご機嫌斜めだが、あえて恐る恐る聞いてみる。

「ソファーで寝てたら風邪引くだろ。わざわざ運んでやったんだ、感謝しろ」

憮然としたこの物言い。何様だ!

この作品のキーワード
御曹司  社長  イケメン  結婚  メガネ男子  クール  ラブコメ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。