「杏ちゃん」

昨日事故に遭って
昏睡状態なはずの彼が

あたしの目の前に現れた


「なっ…なんで!?」

「なんか分かんないんだけど、来れた」


そう言って、
彼はニコニコ笑った───



「杏ちゃん、結婚しよ」


「あんた今
病院でどういう状況か分かってる!?」

あたしの目の前に現れるたびに


彼の容態は悪くなってて


でも、好きだから
そばにいてほしくて……────



『杏ちゃん、結婚しよ』

この作品のキーワード
結婚  事故  婚約指輪