「では、体育祭の種目決めをします」




体育祭実行委員の仕切りで、話が進められていく。



新学期になって、休み明けテストも終わりもうすぐ体育祭。


運動はできないんだけど、体を動かすのは好きなんだよね。




だから、体育祭は好きな行事。


でも、苦手だからあまり走る競技とかはできない。




足を引っ張るだけだからね。





「1人2種目は必須。
前の黒板の種目のとこに名前を書きに来てください。
運動部の人はできるだけリレーとかにお願いします。」






体育祭実行委員の人の仕切りが上手くて、どんどん決まっていく。


私も名前を書きに行くと、家庭科部だからかすんなり希望が通った。








この作品のキーワード
先輩  イジワル  キス  甘々  溺愛  独占欲