代休明けの学校。


なんか……すごく行きたくない。




同じ教室には大希くんがいるわけだし、どんな顔して会えばいいのかわからない。



あんだけヒドイことを言っておいて、今となって私を惑わせるようなことを言うなんて……。




あぁ、本当に行きたくないな……。




でも奥村先輩には会いたいから。





よし、行こう!





そう決めて、ベッドから下りて学校に行く支度をした。





「行ってきます」



リビングにいるお母さんに声をかけて、玄関をあけ家を出る。




「え……」


そこには思いもよらぬ人が。






この作品のキーワード
先輩  イジワル  キス  甘々  溺愛  独占欲