大希くんと別れてから数日。




「大希、何で別れたんだよ?
あんなにかわいい子、そうそういないのに」



「確かにかわいいけど、性格はそこまでかわいくない。
純粋が売りみたいだけど、純粋すぎておもんないっつの」



「ひでぇな。俺なら絶対振らないのに」



「じゃあ、お前告れば?優しくするだけで簡単に落ちるから」





こうゆう時にクラス内恋愛って辛いと思う。


嫌でも耳に入ってくる大希くんたちの声。

きっと私に聞こえるように言ってるんだろうけど。



胸がズキズキ痛むから、傷は完全には癒えていないみたい。





「あいつ、ほんとクソ男ね!人間のクズよ」




花香ちゃんが横目で大希くんを睨みながら言っている。



私が別れた時の話をした直後は、今からでも殴り込みに行く勢いだった。




でもそれくらい私のことを思ってくれてることが嬉しかった。








この作品のキーワード
先輩  イジワル  キス  甘々  溺愛  独占欲