「ちょっと陽菜!さっきのどうゆうこと!?」




柱の陰から、すごい勢いで飛び出してくる花香ちゃん。



ハッとして、奥村先輩の後ろ姿から視線を外す。





無意識にずっと目で追ってたよ……。


自分の行動に少し驚きながらも、花香ちゃんも見る。






「いつからいたの?
戻ってきたなら助けてほしかったよ」



「いや、私が戻ってきた時は陽菜が翼先輩に抱きついてたんだって。
そこからの翼先輩めっちゃかっこよかったぁ~」





それ、ほとんど最初からじゃん!



花香ちゃんはおもしろいものを見たとでも言いたげだけど、私はどうすればいいか本当に焦ったんだからね。






この作品のキーワード
先輩  イジワル  キス  甘々  溺愛  独占欲