そんな過去を思い出しながら、俺は怪しまれないようにコンビニに入店した。



適当に店内を歩いて、適当に商品をカゴに突っ込んでいく。






『………はぁ……』



出るのは深いため息だけ。




これから家に帰るっていうのに、過去もそうだけど。


紗奈のあの告白に、あのキス……




海がいる家に帰らなきゃいけないってのによー……






俺はふと海の好きなおつまみを発見し、それもカゴに突っ込んだ。




罪滅ぼし、ってやつ、だな…きっと。





会計を済まし、俺は静かにコンビニを後にした。





そういえば、駅にちゃんと辿り着いたんだろうか…



俺はそんな心配が脳裏を霞め、駅に続く道を見つめる。





でも、俺はそれとは逆に、自分の家の方に足を動かした。






はー…なんて気が重い、道のりなんだろう…




出来れば帰りたくない、でもコンビニに行ってたから、なんて理由は15分が限度だろ?



それ以上はどう考えても、言い訳に使うのは難しい…。






でも、そんな俺を余所に、家に着いた瞬間から、海は“俺の彼女、美人だったっしょ”の言葉攻め…







『そうだな』



それしか俺は答えられなかった。






この作品のキーワード
双子  元カノ  再会  切ない  中原亜依  妊娠・出産  親の想い