どん、とベットに押され(けして押し倒されてはない)
無理矢理布団をかけられた。

「ちょっ…なにを…」

するんですかと言う前に、目のところに手を置かれた。

「いいから。寝ろって。また倒れるぞ。
さっきみたく寝れるなら寝とけ。」

この人は優しいんだか冷たいんだかよくわからない人だな、と思ったけど
どうして見ず知らずの私に優しさを見せるのか。

よく寝れなかったこと。
あいつにさよならされたこと。
二股かけられて、いつの間にか本命じゃなくなっていたこと。
私だけ取り残されて、思い出が処分できないこと。
仕事が見つからないこと。
見ず知らずの人に迷惑をかけてしまったこと。
その見ず知らずの人が垣間見せる優しさが痛いくらい胸にささること。

きっかけがこれだってはいえないけど
つもりに積もったことたちが私を苦しめた。


「…っぐすっ、…っはっ…」

気づいたら泣いていた。

でも彼はなにも言わず手元も動かさない。

久しぶりの人の体温に触れて涙が止まらなかった。
そして、いつの間にか眠りに落ちていた。

この作品のキーワード
大人  失恋  別れ  年上  不眠