ーーーーーー

「…ん…」

寝返りを打って暗い部屋に気づく。

しらない天井…
寝ぼけた頭で整理すると少しずつ繋がってくる。

初対面の人の家で寝た。ここ1ヶ月で寝れないような感じだったのに。

「…あれ??」

(結果的に私を寝かしつけてくれた)部屋の家主がいない。

重いからだを引きずって部屋の外に出るけど、どこの部屋にもいない。

真っ暗な部屋。

自分の家じゃないだけで

こんなにも怖い。

この作品のキーワード
大人  失恋  別れ  年上  不眠