「…また一人…」

暗いと余計一人を実感する。

こんなにもぼろぼろになってもあいつのことを忘れられないなんて。

嫌いと好きが半々。

思い出は美化される。

(あ…だめた…。)

またぼろぼろ涙が出てくる。

どうしてこんなに弱くなったんだろうか。

この作品のキーワード
大人  失恋  別れ  年上  不眠