そうか、と呟いて、

「じゃあ、車にとっとといくぞ。」

そういって、玄関に向かう彼を慌てて追いかけた。

「ち、ちょっと…!」

家に帰ったらおふろ入りたい。
着替えたい。
洗濯だってしないと…。

一人で過ごさない週末はこんなにも新鮮だったんだ。

この作品のキーワード
大人  失恋  別れ  年上  不眠