「…はぁ…わかりましたよ。ただ、調味料がないのは嫌です。」

嫌味を込めて言ったけど、まさかのジャブになったようだ。

「…買い物いくぞ。」

そして、やはり冷蔵庫の中身は私のためだったようだ。

「はい…。」

なんとも言えないこのむず痒さ。


部屋に戻って、買い物したものをしまって
お皿も出して、米も米びつに。

ほんとに自炊してなかったのね。

夕飯を作りながら、お昼が美味しかったから
作ったら比べられるんじゃないかと思ったけど、そんなこともなく。

ささっと作ったパスタも完食してくれた。

そんな夕飯のあとはテレビをみてまったり。

この作品のキーワード
大人  失恋  別れ  年上  不眠