電車に揺られながらため息をつく。

今日も収穫0だった。

すぐに途方にはくれないけど、
このままのうのうと生きたら野垂れ死にする。

最寄り駅について人の波に飲まれながら階段を降りる。

「…ん?」

背中が曲がったおばあさんが途方に暮れているようにみえる。

みんな行き交う人、人。
誰も声をかけない。

都会ってそんなもんだよね、と自問自答して
「どうかされましたか?」
と、声をかけた。

この作品のキーワード
大人  失恋  別れ  年上  不眠