あっという間に立川さんのお家に居候して1ヶ月になってしまった。

今では家の合鍵も預けてくれるようになった。

買い物も自由に行けるようになって、自分の家も掃除しに行ったりする。

あのベットをみても何も思わなくなってた自分にびっくりした。

あの風邪を引いた立川さんを見たら家に帰りますっては思えなくなっていた。


そして。


自分と向き合って…考えていた。

私は立川さんのなんなのか。

私は立川さんの何になりたいのか。

私は立川さんと曖昧なままではダメなのか。

この作品のキーワード
大人  失恋  別れ  年上  不眠