答えは…
認めたくなかったんだけど、

私は立川さんのなんなのかはわからない。

けど、

私は立川さんの横に並んで立っていたいわけで。

私は立川さんとはっきりした関係でいたいわけで。

早い話が、

「私は立川さんが好き」なんだ。

もう…何がそうなったとかじゃなくて
見て見ぬふりをずっとしていただけだったんだ。


だからこそ。

この作品のキーワード
大人  失恋  別れ  年上  不眠