ーーーーーーーーーー

「…学が作ったようなメニューなんだ。
んで…学の思い出のメニューなんだ。」

相澤さんは父子家庭で昔から料理が得意で、よく立川さんにご飯を作っていたらしい。

「お前、ほんとに煮込みハンバーグうまいよなー!
将来店やったら、絶対リピーターになるわー!」

そんな話をしているうちに、大人になって
ほんとにお店を始めてしまったらしい。


んで。立川さんもよく来ていたらしいんだけど。

隣には当時の彼女さんもいたそうで。

結婚するだのしないだのと、なんとなくそんな話もしていたらしい。

この作品のキーワード
大人  失恋  別れ  年上  不眠