夜の薄暗いオフィスで、今日も私1人だけで残業中。


カチカチ…


誰も居ない空感にパソコンのキーボードを打つ音だけが響く。

もう少しで仕事が終わる

早く、終わらせて家に帰ろう

そう考えると作業が進む。


…だが、それを邪魔する存在が


この作品のキーワード
上司  独占欲  短編  オフィスラブ  イジワル