今資料室の片付けしていまーす。そんなに、汚くなくてすぐ終わっちゃった!



「せんせー!終わりました」



「おう。次から気おつけなさい。」



「はい!失礼しました」



教室に入ると1つの影があった。見間違える訳が無い。月希だ。



「さようなら。浜崎さん。」



カバンを持って出ていこうとすると、腕を掴まれた。



「浜崎さんどうしたんですか?」



「話をさせてくれ。」



もう、別れたんだし聞いてやってもいいか。

この作品のキーワード
イケメン  美女  浮気  嫉妬  短編  浮気現場  別れ  番外編  クリスマス