始まりは

完結したばかりのケータイ小説

500字に満たない短編の

【暗号を解いてよ→JM】
(玲韻/著)





「……JMって、ぼくのことか?」

小説家/ゲーム系ライター/塾講師
27歳
[HN:真弓ジュン]
MAYUMI, Jun

×

「ま、解けなくても問題ないけど?」

高校2年生/弓道二段
16歳
[HN:玲韻]
REIN





難しい暗号じゃなかった

解けないはずなかった


「ジュンさんって
意外とクールなんですね」

「意外かな?」

「サイトでのジュンさんのコメントは
もっと親切で丁寧ですよ?」

「“家出少年”を拾って帰る程度には
リアルでのぼくも親切で丁寧だ」





家出の理由?

家出のきっかけ?


「あっさり話すとでも思ってるんですか?」

「言えない程度の曖昧な理由なら
さっさと家に帰りなさい」

「はぁ? 冷たいですね」

「優しくする義理はないはずだ」





オンラインな2人が出会う、
リアルな非日常の行方





※本作と同じ方法での家出は
オススメしません


※作中作の暗号のような“宛名付き作品”は
野いちごではマナー違反に当たります
あくまでフィクションとしてお楽しみください


2015.04.24 fin.


◇感想ありがとうございます◇
ナキムシさま
紫式部。さま
♡shion♡さま
伯龍さま
紅季華さま
上乃さま

◇レビューありがとうございます◇
紅季華さま

この作品のキーワード
氷川真紗兎  小説家  家出  男装    年の差  弓道  キス  ケータイ小説  男女交互目線 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。