私は確かにガバッと上体を起こした。
でもすぐドサッと後ろに倒れてしまった。

「急に起きるな」
「・・・あ。なんで・・・」
「直哉が俺に電話をくれた」

え?あのときスマホで連絡取ったの、救急車じゃなかった・・・ていうか。

「直哉!直哉は!」

今度はガバッと上体を起こしたままでいられた。

「焦るな愛美。あいつは今、俺んちにいる。正確に言うと、俺の実家で母と一緒にいる」
「な・・・あ、仕事!」
「しばらく休むと連絡済みだ。ついでに直哉の託児所にも休むと連絡入れといたぞ」
「あ・・・どうやって?」
「おまえのスマホで番号知った。悪いが中、見させてもらったぞ」

今更でしょ。

「別に・・」
「ついでに派遣会社の松本さんにも連絡入れといた。入れなくてもよかったのかもしれないが、一応な」
「ううん、そうしてくれて助かる。ありがとう・・・ございました」

これも今更だけど、丁寧語に戻してみた。
彼は年上だし。
他人行儀な距離置いておきたいという、ささやかな反抗心をこめて。

思ったとおり、彼はフンと鼻で笑った。

この作品のキーワード
30代  オフィスラブ  尊大な俺様  意固地な女  御曹司  ギリギリ  息子  じれじれ  ハーレクイン  ロマンス的 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。